サーチ・ジャパン

日本を探せ!

すぐ解る流行の状況! 感染症週報(第10週)

calendar

(第10週:3月6日から3月12日) ★ お知らせ! ◆ インフルエンザに気を付けて!高知県全域で注意報値である10.0 を超えています。 定点医療機関当たりの報告数は第9週の14.73から第10週は10.00と減少しました。 須崎、安芸では急減、中央西、高知市、中央東で減少と全域で報告数は減少しましたが、県全域と幡多、中央西では引き続き注意報値を超えていることから注意が必要です。 迅速検査ではインフルエンザA型が97.46%、B型2.54%でした。 学校等における集団発生の報告数も減少し、学年閉鎖の報告が1件となっています。 全国でも定点医療機関当たりの報告数は第8週の16.87から第9週13.55と減少しています。 国内のインフルエンザウイルスの検出状況は、直近の5 週間(2017 年第5~9週)ではAH3 亜型の検出割合が最も多く90.81%、次いでB(ビクトリア系統)が4.75%、B(山形系統)3.33%、AH1pdm09が0.95%、B(系統不明)が0.16%の順でした。 県内におけるインフルエンザの報告数はピーク時(第5週:50.60件/定点)の約1/..

【続きを読む】

folder 香川県

No Image

more...