サーチ・ジャパン

日本を探せ!

すぐ解る流行の状況! 感染症週報(第14週)

calendar

(第14週:4月2日から4月8日) ★ お知らせ◆ 感染性胃腸炎に気を付けて!  定点医療機関当たりの報告数は、第13週の3.80から第14週は3.43と横ばいです。県全域から報告があり、須崎、中央西、中央東で減少していますが、安芸で急増しています。  定点医療機関からのホット情報では、ノロウイルス5例、ロタウイルス2例、アデノウイルス1例、細菌の病原性大腸菌やカンピロバクター属菌、サルモネラ属菌を原因とする胃腸炎5例や「胃腸炎が増えている」の報告があります。  病原体検出情報では、第14週に須崎から搬入された検体からNorovirus GII NTが2例、第12週に幡多から搬入された検体からAdenovirus 2が1例検出されています。  乳幼児や高齢者、体力の低下している方は、下痢、嘔吐などで脱水症状を起こすことがありますので、早めに医療機関を受診してください。ノロウイルス性胃腸炎は、通常1週間以内に回復しますが、症状消失後も1週間程度、長いときには1ヶ月程度便中にウイルスの排出が続くことがあります。保育園や幼稚園、学校や社会福祉施設など集団生活の場で大規模な流行と..

folder 香川県

No Image

more...