サーチ・ジャパン

日本を探せ!

すぐ解る流行の状況! 感染症週報(第47週)

calendar

(第47週:11月19日から11月25日) ★お知らせ 〇感染性胃腸炎に気を付けて!  定点医療機関当たりの報告数は第46週の2.37から第47週は3.10と増加しています。  県全域から報告があり、中央西、幡多で急増、安芸、須崎、中央東で増加しています。  学校欠席者・感染症情報システム※でも11例の報告があることから注意が必要です。  定点医療機関からのホット情報では、病原性大腸菌やカンピロバクター属菌等細菌を原因とする胃腸炎7例(カンピロバクターと病原性大腸菌の同時感染も含む)の報告があります。感染性胃腸炎は年間を通じて発生していますが、特に冬季にはノロウイルス等ウイルスによる胃腸炎の流行がみられます。  特に、ノロウイルスは感染力が強く、少量のウイルスでも感染するため、保育園や幼稚園、学校や社会福祉施設など集団生活の場で大規模な流行となることもあり注意が必要です。 <予防方法> 手洗いが有効です  帰宅時や調理・食事前、トイレの後には石けんと流水でしっかりと手を洗いましょう。  また、便や嘔吐物を処理する時は、感染した人の便やおう吐物には直接触れないよ..