サーチ・ジャパン

日本を探せ!

第15回長崎脳卒中市民公開講座開催のお知らせ

calendar

    5月11日(土曜日)、長崎市の長崎新聞文化ホールで“第15回長崎脳卒中市民公開講座”が開催されます。
   脳卒中は、本県の死因の第4位であり、寝たきりとなる原因の第1位を占める疾患であり、喫煙、動脈硬化や高血圧など生活習慣に起因する危険因子の予防や、予後に地域で安心して暮らすためのリハビリテーションや在宅医療など、幅広い分野での一貫した対策が必要とされています。 脳卒中は、生活習慣の見直しをはじめとする予防と、症状が現れたときに速やかに専門病院を受診するなど初期の対応が重要です。
 本講座では、県民の皆様に知っておいていただきたいポイントや脳卒中医療の現状などをわかりやすく解説します。入場無料で、事前の申し込みも必要ありませんので、お誘いあわせのうえご参加ください。

  • 日時  2019年5月11日(土曜日)14時から16時まで(13時受付開始)
  • 会場   長崎新聞文化ホール・アストピア3階(長崎市茂里町3-1)
  • 主な内容
    • 「脳卒中  救急の現場では」
        長崎北消防署 警防1課 救急1小隊 山田 浩司先生
    • 「救急搬送!脳梗塞の緊急治療」
       長崎大学病院脳神経内科 助教 立石 洋平先生
    • 「みんなで防ごう、脳卒中」
        長崎大学病院看護部 脳卒中ケアユニット看護師 藤谷 恵美先生
    • 「発症早期からが大切!脳卒中のリハビリテーション」
        長崎大学病院 リハビリテーション部 准教授 高畠 英昭先生
  • 事前質問受付(ファックスでの受付)      ファックス送信先(095)819-7265 脳卒中協会長崎支部

詳しくは、第15回長崎脳卒中市民公開講座[PDFファイル/161KB]をご覧ください。