サーチ・ジャパン

日本を探せ!

旧優生保護法による優生手術などを受けた方へ

calendar

 平成31年4月24日に議員立法により「旧優生保護法一時金支給法(以下「法」という)」が成立し、公布・施行されました。  法の前文では、旧優生保護法の下、多くの方々が生殖を不能にする手術・放射線の照射を受けることを強いられ、心身に多大な苦痛を受けてきたことに対して、我々は、それぞれの立場において、真摯に反省し、心から深くおわびする旨が述べられています。  法に基づき、優生手術などを受けた方に一時金を支給いたします。 1.一時金の対象となる方について  以下の(1)または(2)に該当する方で、現在、生存されている方が対象となります。   (1)昭和23年9月11日から平成8年9月25日までの間に、旧優生保護法に基づき優生手術を受けた方    (母体保護のみを理由として手術を受けた方は除きます)   (2)(1)のほか、同じ期間に生殖を不能にする手術または放射線の照射を受けた方    (母体保護や疾病の治療を目的とするなど、優生思想に基づくものではないことが明らかな手術などを受けた方を除きます) 2.一時金の請求手続きについて  ..