サーチ・ジャパン

日本を探せ!

弾道ミサイル落下時の行動について

calendar

当初公開日 2017年12月14日    平成29年8月に北朝鮮が、中国・四国地方上空を通過させ、米領グアム島沖に弾道ミサイルを発射する計画を表明したことや、令和元年5月4日に北朝鮮が飛翔体を発射し、同月9日には短距離弾道ミサイルを発射したとみられることを踏まえ、万々が一のミサイル落下による爆風から身を守るため、危機管理上の観点からあらためて以下の点をお知らせさせていただきます。   弾道ミサイル発射直後の情報伝達    弾道ミサイルが発射され、本県方面に落下する可能性や、本県を通過する可能性がある場合には、次のとおり県民の皆様に緊急情報が伝達されます。   ○ 政府から24時間いつでも全国瞬時警報システム(Jアラート)により緊急情報が伝達されます。   ○ Jアラートが使用されると、市町村の防災行政無線等が自動的に起動し、屋外スピーカー等から警報が流れるほか、携帯電話にエリアメール・緊急速報メールが配信されます。さらにテレビでも放送されます。   メッセージが流れた直後に取るべき行動 【屋外にいる場合】 ..