サーチ・ジャパン

日本を探せ!

SaturdayChatBox令和元年8月31日(土曜日)

calendar

放送日

令和元年8月31日(土曜日)12時から12時30分

テーマ

農業大学校

出演者

農業大学校 養成部長 竹畑さつき(たけはた さつき)

野菜学科1年 高木康成(たかき やすなり)

畜産学科1年 田川日向(たがわ ひゅうが)

ポイント

  • 学生が農大の概要を紹介し、入校希望者の拡大につなげる。

内容

農業大学校の特徴

  • 大正3年設置。平成7年より農業大学校と名称をかえて現在に至る伝統校。卒業生は、約3,770名。県の農業振興・発展に貢献している人材を輩出。
  • 優れた農業後継者と農村地域の指導者を養成するため、全寮制によるきめ細やかな実践教育(講義:実習=4:6)を行っている。

農業大学校の概要

  • 修学期間は2年間。4学科(野菜、花き、果樹、畜産)合わせて定員70名。
  • 現在、1年生24名、2年生34名の計58名の学生が農業技術や、農業を営む上で必要な資格等の取得を目指し学んでいる。
  • 農家出身でない学生(非農家)が約40%。農業高校卒業生ではない学生も約40%。
  • 卒業生の就農(即就農、雇用就農等)率は約70%。それ以外は、ほとんどが農業関連団体・企業に就職。県内就農・就職率は90%以上。
  • 卒業後は短期大学卒業と同等に扱われる。

学科について

  • 花き:施設利用による、きく、カーネーション、ばらの切り花周年栽培生産技術の学習など。
  • 果樹:温州みかんや中晩生柑橘類の高品質果実安定生産技術と経営の学習など。
  • 野菜:大型施設を利用したトマト、なす、きゅうり、メロン、いちご、アスパラガスなどの施設栽培技術と経営の学習など。
  • 畜産:家畜の栄養と生理及び疾病と衛生の学習など。

寮生活について

  • 全寮制で、2人で一部屋。
  • 同級生や先輩と一緒に、規則正しい生活をしている。

学生活動について

  • プライベートの時間に、部活動やアルバイトをしている。
  • 11月16日に飛雲祭(農大祭)が開催される。

出願について

  • 9月3日から推薦が始まり、その後、入試の1次募集、2次募集がある。問い合せは、農業大学校または各地域振興局の農林部まで。

問い合わせ先

県立農業大学校 電話0957-26- 1016