サーチ・ジャパン

日本を探せ!

Home » 長崎県 » 総合評価落札方式における配置予定技術者の専任不可能届の活用について

総合評価落札方式における配置予定技術者の専任不可能届の活用について

calendar

 総合評価落札方式では、他の建設工事に申請している技術者を重複して申請ができますが、既に他の建設工事に専任が決定している場合があります。この場合、技術者不在に伴う再審査等の事務手続きにより落札決定が長期化することから、以下のとおり取り扱うことと致しました。
 迅速に落札決定ができるよう皆様のご協力とご理解をお願いします。

他の建設工事に専任が決定している配置予定技術者の取り扱いについて

  • 他の建設工事に専任が決定した場合、速やかに申請中の案件に対し、「配置予定技術者の専任不可能届[Wordファイル/17KB]」を提出する。
  • 提出は、申請案件の入札公告に記載してある入札・契約担当部局に第一報をFAXで提出し、着信確認後、原本の郵送を行う。なお、「配置予定技術者の専任不可能届」を提出は任意とし、未提出であってもペナルティを課すものではない。

通知内容

適用開始

通知日以降に入札公告を行う総合評価落札方式に適用する。

問い合わせ先 長崎県土木部建設企画課
総合評価班
tel:095-894-3029